ぼくが神様を感じる瞬間 Part1

ぼくが神様を感じる瞬間 Part1

どうも、ぶんかいです。

神様の話をするにあたって、そもそもいるの?いないの?って議論があると思います。

もちろん私はいる派の人間ですが、「なんで”いる”と言えるの?」という疑問に、めちゃくちゃ個人的な意見を述べていこうと思います。

題して「ぼくが神様を感じる瞬間 Part1」です!!(Part1があるからってPart2があるわけではない・・・笑)

今回ご紹介するのは・・・・

こちら!(じゃじゃんっ!♪)

ロマネスコという野菜で、ブロッコリーのなかまらしいです。

どうですか?すごくないですか?(何がや!笑)

これが自然界にあることを知った当時、とてつもない驚きがあったのを覚えています。

割とわたし自身は、こういった不可思議だったり、神秘的だったりする自然万物を見るだけでも、考えふけって、「神様いるじゃん」ってなってしまうんですが・・・笑

それだと今回の記事があまりにも薄くなってしまうので、大した説明ではありませんが、もう少し説明をつけ加えて神様を証しようと思います!

このロマネスコという植物、また別の角度から見てみるとこんな感じになっています。

規則的な螺旋構造になっているんですね。(もちろん自然のものなので誤差ありです。)

で、この螺旋構造、実は「自然界によく現れる数列」と言われている「フィボナッチ数列」に近似しております。

フィボナッチ数列の詳しい説明はwikiでお調べいただくとして、この数列が作り出す螺旋が上記の画像です。

ね!ロマネスコの螺旋とかぶるでしょ!!?笑

ちなみにひまわり種の螺旋構造とも重なると言われています。

他にも調べれば調べるほど自然界によく現れる螺旋構造で、人間が美しく感じるといわれている「黄金比」とも関連の深い構造です。

もう唐突に結論に行こうと思いますが、

これ、

神様いるっしょ

っていう個人的な意見でした。笑

というか、意図して創造した方がいらっしゃるのかなと。

でもどう考えてもそれは人間ではなくて、

自然発生、進化したと考えることは可能ですが、個人的にはあまりしっくりこず、

そうなってくるとわたしの場合は”神様”だったわけです。

神様を信じてみたいけど会えないだろうしなぁと思っているそこのあなた!!(そんな人いるのだろうか?)

神様は見えなかったとしても、神様が創造したものを通して神様を感じることはできる! と思っております!

今日は以上!!

次回もぼくが記事書きます!!はたしてPart2なのか!?