夏休みの計画に思うこと

夏休みの計画に思うこと

学生時代、夏休みの計画は最初に完璧な計画を立て、3日後“無事に”計画が崩れ、最終日に泣きながらやっていました。

ぺいおです。

今回は大人になったボクが、
「英語の勉強するぞ!」とか、「筋トレするぞ!」みたいに、夏の計画を立てる方に思うことをつらつらと…。

私もそんな感じで計画を立てていま、した。
しかし、今年の夏はちょこっと違います。

本題に入る前に少しだけ…、
最近ボクは、高校時代の教科書をメルカリで1教科ずつ買い戻しております。笑

卒業後「えーい!」と断捨離したことを激しく後悔し、「もう使わないでしょ」と背中を押した母に嘆きのLINEを飛ばしました。

(ちゃんと謝罪してくれる母)

さて、
今年の夏、何が違うのかというと、この教科書購入に見える“やる気”です。

ボクの中で夏休みのプランは、「苦手なものの克服」だったり、「新しいことへの挑戦」のように感じていて、どれも成し遂げたことはありません。ぴえん。

しかし今回のように、勉強「したいな」と思って気付いたらポチッていた最近のボクを客観視してみると、
みんなもっと好きなことで夏休みのプラン立てたら達成できるんじゃない?と思えてきたわけです。

達成できていないことを前提に話が進んでおりますが笑、
例えば、「好きな海外ドラマのセリフを覚える!」とか、「めちゃ美味いプロテインを探すぞ!」とか、楽しいプランに置き換えちゃえばいいんじゃない?と。

ちなみにボクは、このまま勉強して、次の『大学入学共通テスト』受けてみよっかな、なんて。
(受けれるのかなアレ、知らんけど。)

コロナに気をつけながら、皆さんもよい夏をお過ごしください。

では。